前へ
次へ

賃貸運営に必要な賃貸管理について

賃貸経営を初めるには適切に賃貸の管理業務を行うことが重要であり、その全体像を把握しておく必要があります。賃貸管理は、入居者管理、建物管理、資金管理の3つに分けられます。それぞれの業務を具体的に説明しますと、入居者管理とは賃料の入金確認や入居者からの苦情の対応、更新や退去の手続き等の業務です。建物管理は建物の清掃・修理や設備の更新等の業務、資金管理は日常的な収支の管理やリフォーム・修繕費用の準備、確定申告等の業務です。以上のように、管理業務は多岐にわたり様々な専門知識や技術を必要とするため、賃貸運営を始めた方は、その管理業務の手間取ることが往々にしてあります。また、建物の大型化や維持・修繕の複雑化が進んでいることもあり、現在、多くの賃貸運営者は専門業者や管理会社に賃貸管理を委託しています。専門業者や管理会社への管理業務の委託には、業務の一部を外注することもできますし、全ての業務を一括管理してもらうことも可能です。必要に応じて外部の業者に管理業務を委託することが、適切な賃貸管理に必要でしょう。

Page Top