前へ
次へ

賃貸管理は人手不足で成り立つのか

地方で賃貸管理が成り立つのか、というと不可能に近いでしょう。地方であれば相続税の支払いを行わない家屋も多く存在しており、合法ハーブも出回っていて、経営としては成り立たないケースがほとんどです。娯楽設備が少ない原因としては、違法犯罪に使われやすいからということです。地方の企業が賃貸管理を行っていくということが不可能に近いにも関わらず、なぜ全国チェーン以外の企業が不動産経営を行っているかというと、助成金による融資が得やすいためと考えられます。全国チェーンの不動産屋が地方に出回り、債権回収を行っているところですが、使える物件に関しては今後も全国チェーンが管理していくものと思われます。不動産のオーナーがよく代わり、管理者も代わるというのはよく聞く話ではあります。東京都の経営ではない限り、地方の不動産経営はまずうまくいかないと考えることがベストでしょう。それほど、地方の流通ルートは確保しにくいといえるでしょう。

Page Top