前へ
次へ

マンション経営は自主管理よりも賃貸管理会社へ

マンション経営をするにあたって、自主管理が可能であれば管理料の失費を抑えることができますが、その仕事量は非常に膨大なものになります。一例を挙げると、家賃の徴収についても毎月入金されているのかをチェックし、未納の場合は請求しなければなりません。また賃借人からのクレームに対して一つ一つ対応しなければなりません。もし副業としてマンション経営をしているのであれば、本業にも影響を与える可能性があります。さらに建物の維持管理もあります。経年劣化で様々な場所が傷んできますので、きちんと修理していく必要があります。このような様々な管理を手間暇かけて行うことを考えると、賃貸管理会社にすべてをお任せするほうがはるかに良いことがわかることでしょう。手数料は家賃の5%前後が相場ですのでそれほど高額ではありません。賃貸管理会社は管理物件数を多く抱えることで収入としており、一つの物件に対する手数料を低く抑える傾向があるようです。

Page Top